エグチベジフル株式会社

企業情報

みなさまに支えられて
今がある。

代表ご挨拶

昭和56年(1981年)九州の西海岸に位置する鹿児島県の小さな島 長島で26才のひとりの青年(私)が20名の農家を集め、一粒のじゃがいもの種をまきました。(江口商店創業)やがて数年後には50名近くの生産者になりました。そのころ栽培技術の向上をはかるべく先進地長崎県島原半島を訪ねました。そこで出会ったのが、㈱南高青果の創業者森光文男氏であります。情熱をかけた生産指導と情熱をかけた生産者のもと、この島独特の赤土土壌で育まれるじゃがいもは、30数年の時を経て鹿児島県でも有数の生産量を誇る一大産地となりました。

そして、私も独り立ちし、平成30年9月1日よりエグチベジフル株式会社としてスタートすることとなりました。また、国の産地パワーアップ事業により、最新の120t処理の大型選別機を導入するはこびとなりました。

エグチベジフル株式会社は、ここにしかない、ここにしかできない“じゃがいも”を600名の生産農家とともに、食べる人の満足な笑顔を思い浮かべながら情熱を込めて生産します。

概要

会社名 エグチベジフル株式会社
創業 昭和55年4月
設立 昭和63年3月
資本金 500万円
代表者 江口輝文
従業員数 社員20名 パート100名
事業内容 青果取扱業(主に馬鈴薯)・農業資材販売
住所 鹿児島県出水郡長島町城川内1679-9
関連会社 エグチベジファーム㈱

沿革

昭和56年 馬鈴薯生産者20名と契約栽培を始める
昭和63年3月 有限会社江口商店に改組
平成7年 大型選果機導入
平成12年 ㈱南高青果鹿児島支店とする。契約農家約450名となる。
平成17年 大型馬鈴薯選果機に更新 日量75t
平成27年 エグチベジフル(株)に組織変更
平成29年8月 馬鈴薯契約農家600名 取扱量12000t