エグチベジフル株式会社

馬鈴しょ選別施設

馬鈴しょ選別施設 120t/日処理
カメラによる選別と自動化機器により高処理を実現

1

撰果機へ原料の搬入~デパレタイザーで、パレットからコンテナを1ケースごと撰果ラインへ供給

パレット上に積み込まれたコンテナ入りの原料(じゃがいも)を、フォークリフトで撰果機の搬入口へ運びます。ここから先は積まれたコンテナをパレットから1つづつコンベアに移し替える作業を、デパレタイザーという機械が自動で行います。

2

コンテナダンパーから除塵コンベアへ

コンテナに入ったじゃがいもは、コンテナダンパーという機械へ運ばれて、ぐるりと180°回転し、除塵コンベアへ排出されます(※排出時の落差が無いので、荷痛みのないじゃがいもにも優しい機構です。)除塵コンベアでは土や根などをコンベアのすき間から落とします。

3

一次手選別機 目視撰別の様子

除塵コンベアで軽く土や根などを落とした後は、一次手撰別機へ運ばれます。
ここでは作業員が、「腐敗・格外・B級品」を目視選別して取り除きます。

4

小玉抜き機

S~3S階級(ゴルフボールより小さい)の小さなじゃがいもを穴の開いたコンベアで抜き取り、撰別の効率化を行います。抜き取られたじゃがいもは、専用の小玉選別手撰機へ運ばれ、作業員により目視撰別されます。

5

土落とし機

自公転式の筒状毛ブラシとエアー噴射により、じゃがいもの土を落とします。

6

二次手選別機

一次手撰と同じく、ここで「腐敗・格外・B品」を取り除きます。

7

整列装置~外観計測センサーカメラ

【整列装置】
作業員のチェックを受けたじゃがいもは、整列装置で規則正しく並べられ、14台の外観計測センサーカメラの元へ振り分けられます。
【外観計測カメラ】
外観計測センサーカメラで、じゃがいもの上面画像を撮影~画像解析により面積を算出し、階級選別を行います。

8

ピアノ鍵盤式撰果コンベア

面積を算出されたじゃがいもは、ピアノ鍵盤の様なコンベアに載せられ、それぞれの大きさに振り分けられます。(鍵盤コンベアが倒れて、真下のコンベアにじゃがいもが落ちる)

9

自動秤量機~箱詰め その①

各大きさ(階級)に分けられたじゃがいもは、自動秤量機にて定重量10kg分を量り、ダンボールに充填します。
箱詰めされて製品ラインコンベアへ搬出。
この時箱に、等階級識別用のバーコードが貼り付けられます。

10

小玉手撰別~半自動秤量機~箱詰め 其の②

④小玉抜き機から流れてきた小玉のじゃがいもは、形状撰別機でさらに、S・2S・3Sの3つの階級に分けられて、目視手撰別をへて、箱詰めされます。
一次・二次手撰別で作業員により選別されたB品、小玉手撰別後の小玉じゃがいもは、半自動秤量機で定重量10kgを量り、作業員の手により製品ラインへ搬出されます。

11

階級・トレサービリティー印字~ウエイトチェッカー

箱に貼り付けてある「階級識別バーコード」をセンサーが読み取り、専用インクジェットプリンタで製品箱へ接触せずに、等階級・トレサービリティー情報を一括連続印字します。その後、ウエイトチェッカーで重量を検査します。過不足がある製品は、作業員が適量調整します。

12

封函機~蓋をとじて製品完成

最後に自動封函機で蓋をとじます。

13

ロボットパレタイザー:バーコード読取り後、ロボットアームにて積み付け

秤量機部で貼り付けしたバーコードを読み取り、各階級に仕分を行います。 仕分された製品は、ロボットアームにより、製品パレットへ積み付けされます。 積み付けが満杯になったパレットは、排出口へ自動で排出されます。